高校生が行える冬休みバイトの種類とは

冬休みのバイトには多くの高校生が参加をします。高校生は、冬休みには学校もなく暇をしていることが多いです。普段は学校があってバイトができない方も参加できるので注目されています。

高校生ができるバイトというものはかなり制限されます。ですので、そのバイト自体に注目すべき特徴というものがあるわけです。どういった特徴があるのかを、こちらの記事で解説させていただきます。

労働時間の特徴

11

深夜勤務は不可!
高校生ですので夜勤をすることができません。夜勤は深夜10時以降ということになります。それ以降の時間帯は仕事が基本的にはできません。また、深夜の時間帯は午前5時まで続きますので、午後10時から午前5時までの労働は禁止されています。

以上の事から、日勤中心の仕事になります。この点は特に影響は受けないはずです。冬休みなので、1日中時間があります。そもそも深夜に働かなければいけない理由もありません。

シフト設定が自由な職場が多い

ただ、学生の中には、完全に暇というわけではなく部活動やサークルをしている方もいます。そういった方はいつでも働けるわけではありません。雇い主側もそれは理解しています。

基本的に高校生を雇う職場では、シフトが自由に設定できるところが多いです。例えば、夕方までは部活があるので、働けないというケースにも対応して夕方から夜までの時間帯のみの仕事を設定してくれることもあります。

1日だけの短期バイトも多い

高校生ということで、短い冬休み期間のみしか働けないので単発バイトも多いのも特徴です。1日限りの仕事も多いです。その場合は日払いになりまして、働いた分をその日のうちに給料として受け取ることができます。

すぐにお金を使う予定があるような学生にもお勧めの仕事になります。ただ、単発バイトは、時給換算にすると少し少ない事もありますので、その点も理解したうえでバイトを始めてください。もちろん、仕事内容にもよります。ハードな仕事になれば、時給もかなり高くなることがあります。